Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWその3

GWの旅(日光方面)の続きその3です。

0501si.jpg
日光田母沢御用邸記念公園の枝垂桜(樹齢400年)

桜は半分以上散ってしまっていましたが、それでも息を呑むほどの美しさでした。

0501se.jpg
枝垂桜から散る花びら

この御用邸の建物も、紀州徳川家江戸中屋敷だったものを移築したもので、泊まりたいと思うくらいくつろげる空間でした。
気持ちのいい縁側で、丹精されたお庭を眺めながらぼーっとしてしまいました。

良いものを良いと認めて長く使う精神っていいなあと、改めて思いました。


501k.jpg
華厳の滝

501k1.jpg

華厳の滝に寄り添うように鳥(梟)がいるみたいで、「かわいい~」と一人ではしゃいで二度見しました。アップにして家に帰って見てみたら、残雪の自然の造形でした。


栃木へは初めて訪れましたが、食も文化もほんとうに魅力いっぱいでした。結構歩いたというのに沢山食べて体重も増加しました(笑)
朝方出発して移動だけで一日がかりで、四十路の身体には結構こたえるわ、なんて思ったけれど、
リピート(旅)したい場所が、またまた増えてしまいました。


また、旅がしたいです。

スポンサーサイト

GWその2

GWの旅(日光方面)の続きです。


中でもとても気に入って長居してしまったのは、
中禅寺湖にあるイタリア大使館別荘記念公園と田母沢御用邸です。

502chu1.jpg
中禅寺湖

イタリア大使館の別荘は、外界と遮断された美しい湖畔に佇む、骨休めには最高の場所だと思いました。
居間の湖側は一面木枠のガラス窓になっていてソファが並べられています。
みなさんソファでくつろいでいました。

502chu2.jpg

かくゆう私もコーヒーをいただける脇のスペースで、湖畔の景色を愛でて一休みし、また居間へ戻り広縁に設えたソファでのんびりしてしまうという。

この場所で、旧大使や外交官達がボート遊びに興じていただなんて、目の付け所が日本人とは違うなあと感心してしまいました。

華美と言う意味ではなく、これ以上ないくらい贅沢な空間でした。


Appendix

プロフィール

さとう あゆみ(あさ)

Author:さとう あゆみ(あさ)
←本のご紹介

検索フォーム

お客さま

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。